なるためにどうすればよい

タクシードライバーって、非常に多くの方が毎日仕事をされていますが、
では、どうやってタクシードライバーになるのでしょうか?
タクシードライバーになるためには普通の自動車免許を持っているだけではダメなのです。
タクシードライバーになるためには「普通自動車第二種運転免許」という特殊な免許が必要になってきます。
この免許は普通の自動車免許を取得し、3年以上が経過し、かつ21歳以上になると取得できます。
自動車を運転することは非常に危険なことであり、それを日常的に仕事として行うので、
通常の自動車免許よりも要件、資格が厳しくなっているのです。
そして、資格を取得したら、いざタクシードライバー!ではありません。
勿論のことですが、どこかのタクシー会社に就職しないといけません。
ですが、最近ではタクシードライバーの募集も芳しくない傾向になり、
不況のせいもあってか、募集自体が少なく、新たにタクシードライバーになりにくい状況になっているのです。
ですが、全くダメなわけではないので挑戦する価値は勿論ありますが、
個人でタクシードライバーをするという選択肢もあるのです。
個人でタクシードライバーとしてやっていくためにはまた別の試験を受けなくてはいけません。
これは国土交通省が行っているもので、これに合格すると個人タクシーとしての免許が与えられるのです。
個人タクシーとしてデビューできたとしても、そこから頼れるのは自分だけです。
タクシー会社に就職しても、個人タクシーとしてやっていくとしても、結局はお客さんをどれだけ集められるか?
それが勝負になってきますので、どっちにしても商売のスキルが必要になってきます。
個人タクシーとしてやっていくのはそれ相応のリスクがあるので、
やはり向き、不向きがあるかもしれませんが、どうしてもタクシードライバーになりたい!
という方にはやはり最終手段としては、個人タクシーとして夢を叶えるのが良いと思います。