好まれる個別指導

あなたが好まれる個別指導を目指すのであれば、あなたは生徒の話をよく聞く人であるべきなのです。個別指導の世界の中で、生徒の話をよく聞かず、自分の意見を押し通す先生が非常に多いのです。いわく、「~は○○でだめだ!」とかいわく、「~もできないのか。一度教えましたよね?」とかそういったことが非常に多いのです。それでは、逆に好まれる個別指導の先生を目指すにはどうすれば良いのでしょうか?物事を簡単に捉えるのであれば、その逆をすれば良いということだけなのです。そのことを意識することが必要なのです。そのこに関して意識を集中すれば良いのです。確かに、冷静に考えてみたら生徒の話というのは聞くに値するというものではないかもしれません(誤解を恐れずに言えば)。ただ、そう単純に思ってしまっては好まれる個別指導の先生になれるということにはならないのです。生徒の話というのは、一つ一つが隠されたメッセージであるのです。「何か今、私の話を聞いて欲しい」とか「今、感じていることを先生にも理解して欲しい」とかそういったメッセージなのです。そのことを考えてみることが良いのです。ただここまでそのお話をすると、いや生徒の話を聞くのは簡単だけれど「聞き続ける」のは難しいという人もいます。それが好まれる個別指導の先生になるためには難しいところです。一日や二日は聞けるかもしれませんが、それを聞き続けるのは非常に骨が折れる作業であるのです。確かに、おっしゃるとおり、話を聞くのは非常に疲れる作業なのです。では、こういった発想すれば好まれる個別指導の先生になれるポイントになるのではないでしょうか?その生徒の話について「なぜそう思ったのか?」と考えるゲームという風に捉えるのはどうでしょうか?そう思うことによって、きちんと自分の考えがすっきりして良いなと思っているので好まれる個別指導の先生になる夢の実現になったかもって思うことになったのでした。