個別指導を育てる

個別指導を育てるために、その人が個別指導に向いているかどうか把握する必要があるので、その点をしっかり認識しておこうかなって思っています。確かにやる気さえあれば、ある程度のことは努力可能なのですが、やはりもの事には向いていることと、向いていないことがあるのです。そのことをしっかりと認識する必要があるので、その点をしっかり認識する必要があるのです。その人が個別指導に向いているかどうか、それが個別指導を育てるためには、非常に向いているのです。その点をその人に関してしっかりと把握する必要があるのです。では、向いているかどうか、どうやって把握すれば良いのでしょうか?それには、その人のキャラクターによることがありますので、そのことをしっかりと認識する必要があるのです。では、個別指導を育てるために、その人がどんなキャラクターを持っていることを知れば良いでしょうか?一つは、その人の信じる気持ちというのが大事になってくるのです。どういうことかというと、信じる気持ちというのは、その生徒に伝わるのです。例えば一生懸命教えたとしても「どうせこの生徒は伸びないだろうな」と思っているのであれば、その人は個別指導を育てることにはならないのです。生徒に対して疑う気持ちを持ってしまうのであれば、それはその生徒に伝わってしまうものになってしまうのです。そのことをしっかりと認識しておく必要があるのです。なので、この信じる気持ちが生徒を教えるうえで一番重要になってくるのです。そのことを認識して、個別指導を育てるために、重要なことを意識してその人を判断する必要があるのです。では、他に重要な点は何があるのでしょうか。それに対しては個別指導を育てるためには、言ったことを守るということが重要になるのです。そのことが非常に重要になるのです。一度言ったことを簡単にくつがえしてしまったり、言っていることとやっていることが違う人は信頼されないようになってしまうのです。そういったことをしてしまう人は個別指導を育てるうえで、上手くいかないことが多くなってしまうので注意しておくことが必要なのです。