個別指導の概要を知ろう

個別指導の概要としては、まず何故教育産業においてそのような形態が隆盛を極めたのかを話しておきたい。以前は、そう少子高齢化と言われる今よりずっと前のことである。そのころはいわゆる、マス的な環境での教育産業が主流であった。それはそれで、良かったのである。まず、こちらの教育産業側の視点から言うと、非常に「効率が良かった」ということである。個別指導の概要を語るうえで、この以前の時代の話を触れておくことが良いと思うので、話させて頂くと、この1対マスというと方式が一人の教師に対して同時に多くの生徒(お客さん)と接点を持つことが出来て非常に効率が良かったのである。更に効率化を推し進めて、衛星放送を使って、全国の生徒に同時に授業を受けてもらうなど、そういった工夫もしていたのである。それがまず最初に語るべきの個別指導の概要なのである。では、それが上手くいっている頃は良かったのであるば、それが上手くいかなくなったのには、どういう理由があるのであろうか?それは、「二極化」というキーワードで読みとることが出来るのである。以前は横並びの横並びの上昇の学力で良かったのであるが、現在学力があるものとないものの差が激しくなっているのである。個別指導の概要を語るうえでこの「二極化」というのは避けては通れない話題なのである。つまり、何故二極化が進んだのかというと、それは「お金をかけられる人が更にお金をかけたい」と欲するようになったからなのである。そこが以前の横並びの時代と違ってきているのである。その欲望が更に進んだために、二極化が更に進んだのである。これが個別指導の概要を語るうえで欠かせないのである。その二極化がキーワードになっているのである。その欲望の隙間を埋めようとして、隆盛を極めたのは何なのか?それが個別指導のスタイルをとる家庭教師などの産業なのである。これが個別指導の隆盛の概要なのである。その点を抑えておきたい。