個別指導の問題点

今考えておきたい個別指導の問題点として、そのことについてきちんと分析をしておきたい。まず考えられる問題点として、教師側の問題として、公正な評価システムを構築するのが難しい部分があるのです。そのことについては、もしあなたが今後、大学生になって家庭教師になろうとした時には頭に入れて欲しい問題だと思っているのです。どういうことかというと、、個別指導の問題点として、その評価システムが「ある生徒がどのくらい成績が上がったか?」というところで評価される部分があるということなのです。一見、このシステムは、その教師ががんばればがんばるほど、評価される仕組みになっているのでそれほど落ち度がないように思えるのです。ただ、実はそのシステムの抜け穴として、それが教える対象の生徒にあることが多いのです。それが「個別指導の問題点」でもあるのです。どういうことかというと、生徒も一人の人間なので、その生徒にも沢山の人がいて同じ生徒として一人としていない状態なのです。同じ生徒が一人としていないということは、実はその人の学力も違うのです。もしある生徒が急に成績が延びました。それは「実は非常に教えれば飲みこみある」という方もいます。また一人で勉強していた時に、その環境に身を置くということでしっかりと教師をつけるパターンもあるのです。それが個別指導の問題点でもあるのです。なので、一律に公平的に評価するのが難しいと思います。そうすると、他の給料になるので、そんな直前で変更しました!ということは出来ないと思うので、その点を把握しておきたいなって思うのでした。では、個別指導の問題点として、公正な評価とあとはどんなものがあると思いましたが、それは難しいというところがずっとあるのだと思うのです。個別指導の問題点を言うとキリがないですし、ないと言えばないという状況でもあるのです。その点を気を付けてよいのかあって思うのアでした。